地球環境を守る電気工事に取り組む~太陽光発電とLEDの導入~

新時代

塗装

余剰電力買取制度と聞くと、単語が難しいのが太陽光発電をわかりづらくさせてる原因の一つであるかもしれません。でも、仕組みがわかればなんてことない現象に漢字を当てはめて言ってるだけなんですよ。私も実は補助金や余剰電力といった、そういう難しそうなワードが出てくるだけで逃げ出したくなる思いがします。ですがここではあえて「余った電力買いますよ制度」という名づけをしましょう。

余剰電力買取制度とは、つまり太陽光発電によって自家発電した電力の、余った分を電力会社が買い取ってくれる仕組みのことです。ですが、売りすぎてしまって、自分の家で使う分の電気が無くなってしまったという心配はほぼありません。なぜかと言うと、あくまでも自宅で使わなかった分を買い取ってもらう仕組みだからです。なので、余った分から買い取ってもらうことができます。

「余った電力買いますよ制度」だと、意味的にわかりやすいですが、少しラフすぎます。この仕組みは言うなれば国をあげて応援しているシステムなので、あまりにもラフすぎると威厳が無くなってしまいます。なのでこういった難しい名前にしてるんだと勝手に思ってるんですが、自家発電した電力を売ることを売電と言います。なので売電と言ったら今ご紹介したような仕組みだと覚えておいて下さい。電気を売ったり買ったりするという発想はあまりありません。しかしこれから新時代のスタンダードになるかもしれないのです。